今シーズンは令和3年 10月1日の水揚げ分より
「答志島トロさわら」の 出荷予定でしたが、
台風16号の影響により、
令和3年10月3日(日)の水揚げ分から
出荷がはじまりました。

 


答志島トロさわら



鳥羽のサワラについて



漁場

鳥羽は伊勢湾からのミネラル豊富な水と黒潮が
出会う場所に位置する豊かな漁場です。



漁法

ここ答志島近海では曳(ひ)き釣り漁という釣糸を海に流して
船を走らせながら獲る漁法でサワラを漁獲します。
刺し網などで獲ったサワラとは違い、漁師達が一本、一本、
丁寧に釣り上げたサワラは傷みも少なく、身の状態が良いです。



味わい

答志島近海のサワラは伊勢湾に群れる脂の乗ったマイワシ
やカタクチイワシなどの小魚を捕食し、大きくなっていきます。

秋から冬にかけて旬を迎え、脂が乗って中トロのような
味わいで格別に美味しくなります!

サワラといえば、一般的に西京焼きや塩焼きですが、
産地である鳥羽ではサワラ料理といえば「お刺身」か
「炙り(たたき)」が主流です。



ブランドコンセプト

この格別に美味しい秋から冬のサワラをブランド化しようと
鳥羽市観光協会と鳥羽市、鳥羽磯部漁協が一緒になって
2015年から取り組み始めました。
三重県水産研究所の協力も得て、2016年からは、
脂の乗り具合を調査したり、生態を調査してきました。

   ~ 脂のノリを"見える化"し、ブランド化へ ~



コンセプト

海と山の恵みを受けた「伊勢湾」が育てる脂のり、
そのうまみを誇りに、つなげたい私たちの未来



未来につなげたい私たちのプライド

漁師のプライドである「一本釣り」
市場のプライドである「鮮度保持」
仲買のプライドである「目利き」
研究者のプライドである「客観性」
料理人のプライドである「料理の技」
接客者のプライドである「おもてなし」





お問合せ先


鳥羽磯部漁業協同組合 直販事業課

 〒517-0011
 三重県鳥羽市鳥羽4丁目2360−16
 TEL:0599-25-1251
 FAX:0599-25-2078