答志島トロさわら


ブランド基準


対象漁業種類

(1)一本釣りに限る。
   ※刺し網はサワラが水中で死亡することも
   鮮度の基準が作りにくいため除外。

対象サイズ

(1)大銘柄(2.1kg)以上、(4.7kg)以下とする。

漁獲日、魚体の状態

(1)当日に漁獲した個体のみ対象とする。
  (前日漁獲分は対象外)
(2)痩せ個体は対象外とする。
(3)身の傷(取り込み時のカギの傷等)が
   酷い個体は対象外とする。
(4)変形個体は対象外とする。
※(2)~(4)ともにある程度の基準を作り、
 基準から外れた個体を対象外とする。

【開始宣言】

(1)フィッシュアナライザーを用いた
   脂肪含量測定値が平均10%を
   超えること。
(2)測定個体数は30個体とする。
   (無作為に抽出)
(3)3日連続で基準をクリアすること。
   (水揚げのあった日)
(4)測定対象市場は和具浦市場とする。
(5)基準をクリアした段階で
   『答志島トロさわら宣言』をする。

【終了宣言】

(1)フィッシュアナライザーを用いた脂肪含量
   の測定値が平均10%を下回る、
   もしくは5%以下の個体が2割を超えた時点で
   『答志島トロさわら宣言』を終了とする。
(2)最長で翌1月15日までとし、それ以前に
   基準を下回った場合はその時点で終了とする。

対象となる水揚げ市場

(1)同海域で漁獲する菅島のサワラも対象とするため、
   対象は「答志島をはじめとした鳥羽市の離島で
   揚がったサワラ」とする。
  ※答志島(和具浦・答志・桃取町)、菅島(菅島)の
   4支所の市場に水揚げされた一本釣り漁によるサワラ
   が対象。

締め方、保存方法

(1)締め方は現状通り船上活〆とする。
(2)漁獲後の保存方法が漁業者によって異なるため、
   ある程度の統一を図る。

ブランドタグ

(1)ブランドタグシールには通し番号を入れる。
(2)ブランドタグシールは各漁業者が管理する。
(3)各漁業者へ割り当てた番号を漁協側で管理する。
(4)ブランドタグシールは魚体の尾ビレ付け根部に取付けする。

ブランドチェック機能

 基準から外れる痩せ個体、傷個体、変形個体について
 下記三者による三重のチェックを行なう。
・漁業者 :水揚げ時に自己チェック、自己申告
・漁協職員:検量時にチェック
 (対象外の個体は除け、別入札にする)
・仲買人 :入札時に最終のチェック
 (対象外の個体があれば別入札
  にし、タグは漁協職員が切り外す)




お問合せ先


鳥羽磯部漁業協同組合 直販事業課

 〒517-0011
 三重県鳥羽市鳥羽4丁目2360−16
 TEL:0599-25-1251
 FAX:0599-25-2078